HOME > カードローンの基礎知識 > カードローンとは?

カードローンとは?

「カードローン」とは、ものすごく簡単・簡潔に申し上げれば、お金を借りる事の出来るサービスの総称で、銀行や信用金庫、消費者金融、クレジットカード会社など、様々な金融会社がサービスを提供しています。

対象は概ね個人となりますが、一部、法人向けに提供しているサービスもあります。

原則として保証人や担保を必要とせず(無担保融資)、個人の信用のみで利用する事が出来、借りたお金の使い道には基本的に制限はありません(事業資金は除く)。

個人の信用のみでの審査となりますので、自動車ローンやクレジットカードの分割払いの様に、気軽に誰でも利用出来るわけではなく、しっかりとした審査に基づいて融資が行なわれますが、安定的な収入のある方であれば、申込は可能です。

カードローンの特徴

前述の通り、原則、保証人不要で無担保ですので、審査の対象となるのは、申込者の個人信用情報のみとなります。

自動車ローンのような、目的、資金使途が限定されていないローンに比べると、無担保で資金使途自由のカードローンは、比較的金利が高めに設定されている事が通常です。

また、カードローンは、一度審査を通過すれば、契約した限度額内であれば、何度でも借りたり返したりする事が出来る事から極度型ローンにも分類され、返済方式は、毎月、契約時に定められた一定額以上を返済する「残高スライド定額リボルビング方式」が主流となっています。

カードローンのメリット

これも、前述の通り、安定的な収入のある方であれば、基本的にどなたでも申込が出来るという点と、契約限度額内であれば、何度でも都度審査を受けることなく、借りたり、返済したりをする事が出来るという点が最大のメリットと言えます。

また、近年のカードローン商品は、審査や融資実行までの時間がかなり短くなっており、審査で最短30分、融資まで最短で1時間程度というサービスもあります。

カードローンのデメリット

奇妙は話に聞こえるかもしれませんが、カードローンを利用する事の最大のデメリットと言えるのが、上記のメリットとしてあげられるような利便性の高さにあります。

簡単で利便性が良いからこそ、お金を借りているという感覚が薄れてしまい、結果借りすぎてしまったり、長期に亘って借入、返済を繰り返して、金利を含む多くのお金を支払ってしまうことになってしまったりする事があります。

使いやすい便利なサービスとは言え、カードローンはあくまで「借入」である事を忘れず、計画的な利用が最も賢い利用方法なのです。