HOME > カードローンの基礎知識 > 収入証明書ってなに?

収入証明書ってなに?

カードローンを利用する際に、契約限度額に応じて提出を求められる書類に収入証明書があります。
では、収入証明書とは一体どういったものなのでしょうか?

収入証明書は、あなたの前年の収入額の証明

収入証明書とは、所得証明書とも呼ばれ、前年の1月1日から12月31日までの1年間に、あなたが、どれだけの金額の収入・所得を得たのかを証明する書類です。

企業にお勤めの方の場合は、年末調整の時に職場から貰える「源泉徴収票」が、最も一般的ですが、それ以外にも、今日中されている市区町村で「住民税納税証明書」若しくは「住民税納税通知書」を発行して貰う事も出来、これも収入証明書として利用する事が出来ます。

自営業の方などの場合は、確定申告の際の「確定申告書の控え」や、税務署が発行する納税証明書(所得金額用および納税額用)、お勤めの方同様に市区町村等が発行する「住民税課税証明書」や「住民税納税証明書」が収入証明書として利用出来ます。

どんなときに収入証明書が必要となるのか?

収入証明書は、契約される限度額がある一定の水準を超えたときに提出を求められます。

ただし、その基準は一定ではなく、契約先となる金融会社の業態によって大きな開きがあります。

消費者金融の場合は、改正貸金業法に定められた総量規制との関連で、限度額がこの総量規制を超過しないかを確認する必要がある為、原則50万円を超える限度額となる場合には、収入証明書が必ず必要となりますが、銀行カードローンの場合は、銀行法に基づいて融資業務を行っているため、現時点では、総量規制の対象ではないので、収入証明書の提出を求められる基準は、各銀行側が独自で定めています。

銀行から収入証明書の提出を求められるのは、100万円を超える限度額の場合が多く、中には300万円を超えない範囲であれば、収入証明書の提出が不要というカードローンもあります。