HOME > カードローンの基礎知識 > 保証会社ってなに?

保証会社ってなに?

カードローンの利用条件をよく見ると、「ご利用になれる方」の条件として、多くの場合「保証会社(委託先:○○)の保証を受けられる方」と記載されています。

この保証会社というのは、銀行や信販会社などの金融機関と提携して、顧客の債務を保証している会社のことで、金融機関又は借り主が保証会社に対して、事前に一定の保証料を支払う事で、未回収などの不足の事態が発生してしまった場合に、債権又は債務を保障して貰う事が出来るのです。

私たちの生活の中に保証会社が関わってくるのは、カードローン等のローン商品だけではなく、不動産の賃貸契約などでも、耳にされた方も多いのではないでしょうか?
不動産の賃貸契約では、大家さん(若しくは管理会社)と借り主の間に保証会社が入って契約を行う事で、仮に未払が発生した場合でも貸し手側は保証を受けることが出来るのです。

銀行カードローンにおける保証会社の重要性

昔の銀行のローンというと審査が慎重で、やたら契約までに時間が掛かるサービスが大勢でしたが、最近では三菱東京UFJ銀行や三井住友銀行、みずほ銀行などのメガバンクのカードローン商品であっても、即日審査という商品も珍しいものではなくなりました。

実はこの素早い審査の裏側を支えているのが、保証会社です。

三菱東京UFJ銀行でいえば、その保証業務を請け負っているのが、同グループ内の消費者金融のアコムです。

アコムが債務保証を受けることによって、三菱東京UFJ銀行は、同行の審査基準を満たしていないユーザーに対しても、保証会社であるアコムが定める審査基準を満たしていれば、貸付が出来るようになり、審査の可否判断を大幅に短縮する事が出来るようになったのです。

もちろんこれは三菱東京UFJ銀行カードローンに限った話ではなく、オリックス銀行カードローンの保証業務をオリックス・クレジットが、ジャパンネット銀行のネットキャッシングの保証業務をSMBCコンシューマーファイナンス(プロミス)が請け負うなど、様々なカードローン商品の裏側で保証会社が業務を行っています。