HOME > カードローンの基礎知識 > 提携ATM手数料にご用心!

提携ATM手数料にご用心!

多くのカードローン商品は、コンビニ等の身近な場所にに設置されたATMや自社以外の銀行、信販会社のATM、CD等の様々な場所で借入や返済をする事が出来る為、大変使い勝手がよく、便利なものです。

しかし、ここで気をつけて頂きたいのが、提携ATMを利用した際の手数料です。

実は、ほんの数年前までは、提携ATM手数料については、あくまで手数料で有り、「利息ではないもの」とされて来ました。
ですから、多くのカードローン会社では、ユーザーサービスの一環として、手数料を金融機関側が負担していた為、ユーザーが手数料を意識することは殆どありませんでした。

元々利息制限法では、「金銭を目的とする消費貸借に関し債権者の受ける元本以外の金銭は、礼金、割引金、手数料、調査料その他いかなる名義をもってするかを問わず、利息とみなす。」と定められていたのですが、「提携ATM手数料」については、明確な規定がなかったため、除外されていたのですが、改正利息制限法により、ATM手数料の一部も、みなし利息に含まれることが明確に規定されました。

取引額 借入時 返済時
1万円以下 105円 105円
1万円超 210円 210円

これにより、借入や返済の取引金額とATM利用手数料のうち「みなし利息」とされる金額との関係によっては、利息制限法で定められた「上限金利」を超過する取引にあたる可能性があることから、法令に違反する取引を未然に防ぐための措置として、銀行、信販会社、消費者金融等、業種を問わず、提携ATMを利用して借入や返済を行った際には、提携先金融機関と特別な契約でもない限り、提携ATM手数料が発生するようになってしまったのです。

そもそもの利用環境が、提携ATMを必要とされない方には、あまり関心のわかないトピックスかもしれませんが、月に2度3度と提携ATMを利用される方にとっては、大きな負担増となりかねませんので、注意が必要です。

主要カードローンの提携ATM手数料のまとめ

  提携ATM手数料 無料提携ATM 備考
SMBCモビット

105円~210円

三井住友銀行ATM

 
楽天銀行カードローン

105円~210円

コンビニATM
三井住友銀行・みずほ銀行ATM
セブン銀行、ローソンATM、イーネットATMが手数料無料でご利用になれます。
プロミス 105円~210円 三井住友銀行ATM プロミスポイントサービスでポイントに応じて「提携ATM手数料無料サービス」が利用可能
アコム 105円~210円