HOME > カードローンの基礎知識 > カードローン審査の基本的な仕組み

カードローン審査の基本的な仕組み

カードローン契約を結ぶ際には、必ず審査が必要となります。

最近のカードローン業界では、最短30分程度で審査が完了する様になっており、その際に利用される審査システムは、より素早くより正確な審査結果が出せるように日々改良が重ねられています。

では、このカードローン利用の際の審査とはどんな仕組みで行なわれているのでしょう?

基本は、属性による「システム審査」

個人向けカードローンの審査で最も重要とされているのが「属性」です。
「属性」とは、職業や勤続年数、年収、健康保険の種類や住居の種類、居住年数、家族構成といった社会的な属性のことです。
カードローン各社は申込があった際には、まず真っ先に申込者の属性情報に基づいたシステム審査を実施してます。

属性スコアリング方式

属性スコアリング方式と呼ばれる審査は、申込者の属性情報ごとに点数を付けるという方式で、その点数(スコア)によって審査を行なうというものです。
職業や勤務先による点数で言うと、公務員が最も評価が高く、大手企業、中小企業と評価が低くなっていき、自営業、アルバイトが最も評価が低くなります。

主な属性に於ける判断基準は下記の通りです。

  1. 職業・勤務先:公務員 > 大手企業 > 中小企業 > 自営業 > パート・アルバイト
  2. 雇用形態:正社員 > 契約社員 > 派遣社員 > アルバイト
  3. 勤続年数:10年以上 > 5年以上 > 3年以上 > 1年以上 > 半年
  4. 年収:400万円以上 > 200万円以上 > 200万円未満
  5. 住居:持家(自己名義) > 持家(家族名義) > 社宅 > 賃貸マンション・アパート > 公営住宅
  6. 居住年数:10年以上 > 5年以上 > 1年以上 > 半年
  7. 同居家族:あり > なし
  8. 配偶者:あり > なし
  9. 他社借入:あり > なし
  10. 過去の返済実績:良好 > 遅れあり > 延滞あり

各属性はそれぞれが単体で判断されるわけでなく、他の属性との関連や因果関係を含めて点数が付けられます。
例えば、年収は高くても危険な職業や離職率の高い職業に付いている場合は、点数が低くなるなどの調整が行なわれています。

各属性の重要度合いも、カードローン各社で判断が異なっており、それも時期によって常に変化しています。

属性モデル方式

属性モデル方式とよばれる審査は、カードローン各社が持っている過去の膨大な顧客データから、申込者の属性に近い利用者をモデル情報として抜き出し、そのモデル情報を元に申込者の将来的な利用状況を予測するという審査方法です。

信用情報機関への照会結果も重要

「属性」による審査は、ある程度の正確性は確保できても、あくまでシステム的、機械的な審査ですから、これだけで審査が完了するというものではありませんし、より重要な審査基準となるのが「信用情報」です。
信用情報機関には、過去の信用取引情報が蓄積されており、ここで他社借入の有無などの確認も行なわれます。

現在時点で良好な属性であると判断されても、過去の信用情報に事故があるとなれば、大きなマイナス点となりますので、最悪、審査に通過出来ない可能性もあります。

最終最後は「人」による判断

属性による審査、信用情報機関への照会結果を経て、審査の最終判断は、やはり審査担当者が行ないます。
システム的な審査判断の上に、審査担当者の経験に基づく判断が加わり、より精度の高い審査が行なわれるのです。